口臭対策、完治を目指す

口臭の原因はストレスから?それとも胃からやってきている?

 

 

 

口臭 ストレス

 

 

 

口臭の原因は様々なものからやってきていて、

 

特定するのが非常に困難な部類です...

 

基本的には口臭なので口腔内の悪環境によってやってきていると思われがちですが、

 

実は体内からや、精神的なところからも発生原因としてされているのです。

 

こうなってくると確かに口臭の特定をするのは非常に厄介だと理解できるはずです...

 

 

 

それでこの記事では体内でもっとも確率が高い胃と、精神的な部分であるストレスについてまとめてみます。

 

 

 

口臭の原因ってもしかしてストレス?or胃?

 

 

 

比較しようにもこの2つはなかなか関連性が見当たらないので別々の視点からみていきましょう!

 

口臭だから口からやってくるものだと思って、しっかり対処したにもかかわらず、

 

臭いにおいがどんどん出ている感じがする...

 

こういうケースに遭遇すると胃とかストレスを疑ってみる方が賢明ですね!

 

 

 

口臭 胃

 

 

 

胃が原因による口臭

 

 

 

胃からやってくる口臭のにおい表現として、「腐乱集がする」や「雑巾のようなにおいがする」

 

など何とも悲しい表現をされてしまいます...

 

何故胃からも口臭が発生してしまうのでしょうか?

 

胃が不調状態というのを前提とすると、消化不良を起こしてしまいます。

 

そうなると消化し切れなかったものが残ってしまいますね...

 

そこから強いにおいとなるものがどんどん出てきてしまうのです。

 

 

 

そのガスは直接口から出てきてきそうな感じがするのですが、そうではないのです!

 

血液中に入り込んで肺に行くのです。

 

最終的には口から出てしまうのですが、胃から肺へと流れていくのですね。

 

 

 

ストレスによる口臭の原因

 

 

 

ストレスを過度に感じてしまうと、口内が乾いてしまうのです。

 

口内が乾いてしまうと細菌が口の中でどんどん繁殖していくのですね。

 

簡単に説明すると上記のような感じになり、これによって口臭が発生してしまうのです。

 

 

 

ストレスを感じると何故口が渇くのでしょうか?

 

それは唾液の分泌量が極端に減ってしまうからです。

 

唾液は口内細菌を洗い流してくれる作用を持っていて、これがないと口が臭くなってしまうのです。

 

解決策としてはストレス解消を自分なりに行うことが一番の近道となっています!