口臭対策、完治を目指す

洗口液のリステリンを口臭対策のためもっと効果的な使い方をしたい!

 

 

 

リステリン 効果的な使い方

 

 

 

 

歯磨きだけでは口臭対策として不安だ!

 

洗口液を使うことで安心しそうだからちょっと使ってみようかな?

 

など、こういうことを考えたことはありませんでしたか?

 

私も歯磨きではまだまだ口の臭さが取れていないような感じを何度もしたことがあるので、

 

洗口液を使い始めましたね♪

 

爽快感をしっかり感じることができ、口臭も一時ですが抑えられていたのも事実です。

 

 

 

それで洗口液はたくさんの会社が製造されていてどれにしようか迷うと思うのですが、

 

この記事ではメジャーなリステリンを取り上げて説明したいと思います♪

 

 

 

リステリン 効果的な使い方 方法

 

 

 

リステリンの洗口液をもっと効果的に使いたい!

 

 

 

せっかく洗口液を口臭対策として組み込むので、

 

100%の効果を発揮できるような使い方をしたいというのも正直なところです。

 

 

 

それで一般的には口の中に違和感を感じたり、粘つき感があれば即座に使用すると思います。

 

ですがこれって実は口内に対してけっこうな負担をかけることになります。

 

リステリンだけに限らないのですが、洗口液の目的として、口内細菌を除去してくれる効果に期待できるのです!

 

この点を考えてみると積極的に使ってもいいのでは?っとなりそうですが、やりすぎは体にとって毒ともなります...

 

細菌を駆除してくれるということはそれなりの殺菌成分が含まれているということですね。

 

その成分によって口内が乾燥してしまい、逆に細菌が繁殖してしまうのです(T_T)

 

 

 

ですので使うとしても1日に1回〜2回くらいがいいのではと私的に思えます。

 

じゃあその1回をどのタイミングで使用すればいいのでしょうか?

 

それは就寝前の歯磨き後がおすすめです。

 

歯磨きってもちろん細菌を落としてくれるのですが、完全に落とすことは不可能なのです。

 

そこでリステリンを使うことで、駆除率を100%に限りなく近くしてくれるのです。

 

また夜って一番口臭がきつくなる時間帯でもあり、起床したら特に口臭を感じると思います。

 

ですが前日就寝前にしっかり対策しておけばそのようなこともめっきり減ることになるのです♪