口臭対策、完治を目指す

虫歯もないのに口臭きつい?考えられる要因として何があるの?

 

 

 

虫歯もない 口臭

 

 

 

 

虫歯って口に痛みを伴うだけではなく、口臭としても顕著に現れます。

 

口臭の抑え方としてやはり虫歯の完治が必須となっています。

 

 

 

ですが「虫歯がないのに口臭が発生しているのだけど!?」

 

っというような感じで悩んでらっしゃる方はいませんか?

 

口臭は虫歯など歯の異常状態だけでなく、

 

様々な要因によって引き起こされてしまう厄介なものなのです...

 

 

 

虫歯以外に考えられる口臭の原因とは?

 

 

 

口臭って口の中が臭いから発生していると思われがちですが、

 

体内からのにおいでも口臭として扱われています。

 

こういう点を考慮してみると、もう何でもありだなと感じてしまいますね...

 

 

 

もちろん口臭は口の中の状態によっても発生します。

 

よくある事例として舌苔や膿栓などこういうものが原因とされています。

 

食べかすや口内細菌の集合体が上記の原因の大元となっています。

 

 

 

それではそれぞれの要因と詳しく見ていきましょう♪

 

 

 

虫歯もない 口臭 体内 口内

 

 

 

体内から発生してしまう口臭

 

 

 

よく目立つのは便秘によって発生してしまう口臭です。

 

体内に便が溜まっているとやがて腐敗してしまい、

 

とんでもないにおいを醸し出すガスへと変貌してしまいます...

 

ガスが血液中に入り込んでしまい、肺に運ばれて、口臭として現れるのです。

 

 

 

あとは飲食による口臭も見逃せません。

 

にんにく系統の食事や、アルコール類の摂取も一つの要因として挙げられます。

 

食べ物も体内からの口臭として目立ってしまうので、

 

あまり無茶をするような食べ方、飲み方はできませんね...

 

 

 

虫歯以外から考えられる口内の口臭

 

 

 

上記でも申しましたが、舌苔による口臭割合が多いのです。

 

舌苔とは舌上に付着してしまった汚れと解釈しても大丈夫です。

 

取り方として舌ブラシを使用したり、はちみつを口に含むなど、

 

方法としては簡単なのが多いので、地道にやることが大切です。

 

 

 

あとは膿栓ですね。

 

臭い玉とも呼ばれています。

 

喉付近に白い塊が付着しているのです。

 

口内細菌や様々な不要物が固まって出来たものなので、非常に臭いものとなっています。

 

取る方法はあるのですが、無理に取ると口内を傷つけてしまう恐れがあるので、

 

自然に取れるまで待つことが大切ですね。