口臭対策、完治を目指す

口臭対策でガムを噛むけど、たまに逆効果になると聞くのだがどうなの?

 

 

 

口臭 ガム 逆効果

 

 

 

 

口臭が本当にヤバイと感じた時に大活躍するのがガムですね!

 

味もあり、唾液もしっかりと促進させてくれるので、

 

口臭を対策する面でも合点がいきます。

 

ですがたまに耳にするのですが、ガムを噛むと逆効果になるよという意見です。

 

こう聞いてしまうと、ガムを噛むことが億劫になってしまいます...

 

 

 

ガムを噛むことで口臭が逆効果となるの?

 

 

 

一時的な口臭対策となる便利アイテムのガムですが、

 

逆効果となると手を出してはいけない代物になります...

 

人と会話する際にガムを噛んでいたら失礼、マナー違反であると、

 

口臭とは関係ない面ですがもちろんその通りですね。

 

 

 

ですがはっきりと口臭に対して逆効果とおっしゃる人もいます。

 

何故このように逆効果と言えるのでしょうか?

 

いろいろ調べてみたのでまとめてみますね♪

 

 

 

口臭 ガム 逆効果 理由

 

 

 

何故ガムを噛むことで口臭の悪化となると言われるの?

 

 

 

ガムを口臭対策として噛む理由として唾液の促進があります。

 

唾液が出てば出るほど口内の細菌を除去してくれるのです!

 

それでしばらく噛み続けていると、味はなくなりますよね?

 

そうなってしまうと、唾液の分泌が悪くなり、逆効果になると言われているのです...

 

っということは見切りをつけて、ガムを捨てることがいいということです!

 

 

 

それで他には糖分が含まれていることが挙げられます。

 

糖分って虫歯菌の活動を促してしまう効果があるのです...

 

簡単に言うと虫歯になりやすくなるということです。

 

虫歯は口臭にとって天敵として扱われています。

 

とんでもない口臭を発生させてしまうので、虫歯にならないことが非常に大切です!

 

っということは無糖のガムを選択して使っていけば虫歯の心配もなくなります。

 

おすすめとしましては、キシリトール系のガムはやはり口臭に対しても優しいです。

 

キシリトールにも糖分が含まれているのですが、

 

虫歯菌はこのキシリトールを嫌うのです。

 

また逆に虫歯予防としての効果にも期待できるので、打って付けだとも言われているのです!